無料ホームページ ブログ(blog)
足の徒然日記
FC2ブログ
足の徒然日記
本サイトはHN足の日常の生活を日記にしたものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
バトン再び
あれですね。バトンって日記更新のカッフル剤になりますね。

1:本棚に入ってる漫画単行本の冊数。
  自室は少なめなんで100冊くらいかな。
  家全体では1000くらいあるのではないだろうか。
  親父もおかんも漫画好きだし増える罠。

2:今面白い漫画
  ベルセルク好きですね。小3から読んでますし。
  村枝賢一は全部面白いですよ
  後はNANAかな。普通に少女漫画ですが面白いですよ

3:最後に買ったマンガ
  今さっきマリアナ伝説3巻買いました。
  読み終わって激しく後悔したあほな我ら兄弟・・・。

4:よく読む、または特別な思い入れのあるマンガ
  SLUM DUNK
日本におけるバスケ漫画の最高峰です。
  自分が今、ここまでバスケ好きになったのは
  この漫画が存在したからといって過言ではありません。
  井上雄彦がヤンジャンで連載しているリアルも新しいバスケの
  世界を教えてくれて最高です。
 
  電影少女
  俺の中では13巻で完結して欲しかった。
  まあ、恋編も悪くわないんだけどね、何というか愛編が
  良過ぎたんですよ。ココロくんの絵本と愛とがリンクして
  また涙腺を刺激してくれる。洋太の成長と心の動きが
  とても心地よい作品だ。

  天使なんかじゃない
  俺と矢沢あいの出会いはこいつでした。
  高校時代に友人に借りて読んだのが最初でした。
  それまでは少女漫画は完全に否定派だったんですが、
  芯までハマりました。俺のお気に入りはいつまでもマミリンです。

  ゴールデン・ボーイ
  振られた衝動で馬鹿になりたくて買った漫画です。
  本当に足の硬い漫画でした。
  
  ドラゴンボール
  俺がエロに目覚めたのは幼稚園時分にこいつの一巻でブルマを
  見たところからです。純情だった自分は自分でスカートめくる
  ブルマを見て興奮しました。
  俺の始めての胸キュンはきっとブルマです。
  そして、亀仙人は俺の心の師匠です。いつかカメハメ波をマスター
  します。ちなみに単行本は読みすぎて本の原型を留めて
  いなかったので完全版を買い直しました。

  キン肉マン
  俺を漢の世界に導いたバイブルです。
  未だに俺はキン肉バスターの使い手になることを夢見ています。
  何というか足の硬さはこいつが一番ですね。
  俺の暑苦しいまでの友情パワーはこいつで育まれました。
  へのつっぱりはいらんですよ
 
  聖闘士星矢  
  君はコスモを感じたことがあるか!

まわす人書くの忘れてた
ホッタ、アキモト、朴さん、なつめ、こーじ
読んでたらよろ~
  
スポンサーサイト
【2005/07/29 23:09】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
初バトン
友人から私個人としては始めてのバトンが回ってきた
ゲームの友人らしくゲームバトンだ。
というわけで書いてみよう。

Q1.コンピュータに入ってるゲームファイルの容量

ラグナしかないんじゃないのかな。だから、ほとんどないな
というかあんまPCでのゲームはしないんだぢょね~(^^;

Q2.今進行中のテレビゲーム

スーパーロボット大戦MX
スパロボ系の一番新しいものだが7/28には第3次α
出るからお払い箱だな。ドラグナーとかゼオライマーとか
コアな機体が多いのはなかなかよかったかな。

Q3.最後に買ったテレビゲーム

一番最近買ったものだと「新世紀勇者大戦」かな。
昔懐かしの勇者シリーズ見てた人にしかわからんがな
個人的にガオガイガーはリアルタイムで見てないので
あんま好きじゃないのだが、勇者警察ジェイデッカーや
勇者特急マイトガインは最高にうれしかった。
伝説の勇者ダガーンが出てたら最高だったがな。

Q4.よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのゲーム

ラグナロクオンライン
大学の友人にそそのかされて始めた初のオンラインゲーム&
パソゲー。最初はやる気なかったが徐々にはまっていき、
今では結構長くやっている。

ファイナルファンタジー3
初めてやったRPG。初めてRPGに挑戦した俺の心を何度も
折りかけてくれた、かなりの難易度をもつファミコン最高の
ゲームと俺は信じている一品だ。なんといっても一つの
世界ごとのエピソードが長くかなり苦労した。
クリアするのにダンジョンがなかなか抜けられなく親がいない
日に3時間かけてクリアした。

ドラクエ5
初めてのドラクエとの出会いだった。
3や4を友人がやっているのは見ていたが、マップ上での
絵柄が嫌いで最初は敬遠していた。しかし、そんな思いを
吹き飛ばしてくれるだけの面白さとドラクエのSFC移植最初の
作品だけあって画像の向上なども顕著に見られた。
SFC時代に色々と不満だったポイントもPS2版が解決してくれたので
俺としては結構満足している。

ロックマン2
俺のゲームとの始めての出会いはこいつだった
ロックマン史上一番難しいと思われる作品だ。
アクションの苦手な俺はうまい友人のクリアするところを
何度も指を咥えて見ていた。
しかし、何度も繰り返し練習し、ついにはワイリーを倒した。
本気で俺をゲームの道にいざなってくれた一品だ。
未だにステージの配置などを事細かに覚えている数少ない作品だ。

ファイナルファンタジー5
初めてやり込みというものに挑戦したゲームだ
自室にテレビがあるという最高の環境に身をおけたアメリカでの
3年間こいつに費やした時間は楽に200時間以上
親や弟が寝静まったころ自室でSFCをつける俺。
この時に寝なくても生活できる能力を身に着けたようだ
親が起き始める朝6時まで夜11時頃からやりこんだ。
弟に「なんで時計止まっているの?」言われた。
つまり、時間をカンストしてしまったらしい。
俺のデータでは飛竜の槍と雨の村雲は99個あった。
Lvも99、ジョブもマスター。全ジョブでのラスボス制覇など
未だに記憶に残る最高のやり込みだった。
そして、未だになぞなのは蜃気楼の町と第3の石版を
とる海底の洞窟との間にあるモアイ像の存在だ。潜水艦でしか
見ることの出来ないものだが唐突に海の中にあるのでビビる
重なった状態でAボタンを押すと潜水艦がどの向きを向いていても
左を向くというおかしな現象も未だ究明できていない。

こんなものかな。バトンだからまわさないといけないらしんで
見てるようならユノ、真昼、有事、SOS、アキモトよろしく

【2005/07/26 18:53】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。