無料ホームページ ブログ(blog)
足の徒然日記 2005年07月
足の徒然日記
本サイトはHN足の日常の生活を日記にしたものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
バトン再び
あれですね。バトンって日記更新のカッフル剤になりますね。

1:本棚に入ってる漫画単行本の冊数。
  自室は少なめなんで100冊くらいかな。
  家全体では1000くらいあるのではないだろうか。
  親父もおかんも漫画好きだし増える罠。

2:今面白い漫画
  ベルセルク好きですね。小3から読んでますし。
  村枝賢一は全部面白いですよ
  後はNANAかな。普通に少女漫画ですが面白いですよ

3:最後に買ったマンガ
  今さっきマリアナ伝説3巻買いました。
  読み終わって激しく後悔したあほな我ら兄弟・・・。

4:よく読む、または特別な思い入れのあるマンガ
  SLUM DUNK
日本におけるバスケ漫画の最高峰です。
  自分が今、ここまでバスケ好きになったのは
  この漫画が存在したからといって過言ではありません。
  井上雄彦がヤンジャンで連載しているリアルも新しいバスケの
  世界を教えてくれて最高です。
 
  電影少女
  俺の中では13巻で完結して欲しかった。
  まあ、恋編も悪くわないんだけどね、何というか愛編が
  良過ぎたんですよ。ココロくんの絵本と愛とがリンクして
  また涙腺を刺激してくれる。洋太の成長と心の動きが
  とても心地よい作品だ。

  天使なんかじゃない
  俺と矢沢あいの出会いはこいつでした。
  高校時代に友人に借りて読んだのが最初でした。
  それまでは少女漫画は完全に否定派だったんですが、
  芯までハマりました。俺のお気に入りはいつまでもマミリンです。

  ゴールデン・ボーイ
  振られた衝動で馬鹿になりたくて買った漫画です。
  本当に足の硬い漫画でした。
  
  ドラゴンボール
  俺がエロに目覚めたのは幼稚園時分にこいつの一巻でブルマを
  見たところからです。純情だった自分は自分でスカートめくる
  ブルマを見て興奮しました。
  俺の始めての胸キュンはきっとブルマです。
  そして、亀仙人は俺の心の師匠です。いつかカメハメ波をマスター
  します。ちなみに単行本は読みすぎて本の原型を留めて
  いなかったので完全版を買い直しました。

  キン肉マン
  俺を漢の世界に導いたバイブルです。
  未だに俺はキン肉バスターの使い手になることを夢見ています。
  何というか足の硬さはこいつが一番ですね。
  俺の暑苦しいまでの友情パワーはこいつで育まれました。
  へのつっぱりはいらんですよ
 
  聖闘士星矢  
  君はコスモを感じたことがあるか!

まわす人書くの忘れてた
ホッタ、アキモト、朴さん、なつめ、こーじ
読んでたらよろ~
  
スポンサーサイト
【2005/07/29 23:09】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
初バトン
友人から私個人としては始めてのバトンが回ってきた
ゲームの友人らしくゲームバトンだ。
というわけで書いてみよう。

Q1.コンピュータに入ってるゲームファイルの容量

ラグナしかないんじゃないのかな。だから、ほとんどないな
というかあんまPCでのゲームはしないんだぢょね~(^^;

Q2.今進行中のテレビゲーム

スーパーロボット大戦MX
スパロボ系の一番新しいものだが7/28には第3次α
出るからお払い箱だな。ドラグナーとかゼオライマーとか
コアな機体が多いのはなかなかよかったかな。

Q3.最後に買ったテレビゲーム

一番最近買ったものだと「新世紀勇者大戦」かな。
昔懐かしの勇者シリーズ見てた人にしかわからんがな
個人的にガオガイガーはリアルタイムで見てないので
あんま好きじゃないのだが、勇者警察ジェイデッカーや
勇者特急マイトガインは最高にうれしかった。
伝説の勇者ダガーンが出てたら最高だったがな。

Q4.よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのゲーム

ラグナロクオンライン
大学の友人にそそのかされて始めた初のオンラインゲーム&
パソゲー。最初はやる気なかったが徐々にはまっていき、
今では結構長くやっている。

ファイナルファンタジー3
初めてやったRPG。初めてRPGに挑戦した俺の心を何度も
折りかけてくれた、かなりの難易度をもつファミコン最高の
ゲームと俺は信じている一品だ。なんといっても一つの
世界ごとのエピソードが長くかなり苦労した。
クリアするのにダンジョンがなかなか抜けられなく親がいない
日に3時間かけてクリアした。

ドラクエ5
初めてのドラクエとの出会いだった。
3や4を友人がやっているのは見ていたが、マップ上での
絵柄が嫌いで最初は敬遠していた。しかし、そんな思いを
吹き飛ばしてくれるだけの面白さとドラクエのSFC移植最初の
作品だけあって画像の向上なども顕著に見られた。
SFC時代に色々と不満だったポイントもPS2版が解決してくれたので
俺としては結構満足している。

ロックマン2
俺のゲームとの始めての出会いはこいつだった
ロックマン史上一番難しいと思われる作品だ。
アクションの苦手な俺はうまい友人のクリアするところを
何度も指を咥えて見ていた。
しかし、何度も繰り返し練習し、ついにはワイリーを倒した。
本気で俺をゲームの道にいざなってくれた一品だ。
未だにステージの配置などを事細かに覚えている数少ない作品だ。

ファイナルファンタジー5
初めてやり込みというものに挑戦したゲームだ
自室にテレビがあるという最高の環境に身をおけたアメリカでの
3年間こいつに費やした時間は楽に200時間以上
親や弟が寝静まったころ自室でSFCをつける俺。
この時に寝なくても生活できる能力を身に着けたようだ
親が起き始める朝6時まで夜11時頃からやりこんだ。
弟に「なんで時計止まっているの?」言われた。
つまり、時間をカンストしてしまったらしい。
俺のデータでは飛竜の槍と雨の村雲は99個あった。
Lvも99、ジョブもマスター。全ジョブでのラスボス制覇など
未だに記憶に残る最高のやり込みだった。
そして、未だになぞなのは蜃気楼の町と第3の石版を
とる海底の洞窟との間にあるモアイ像の存在だ。潜水艦でしか
見ることの出来ないものだが唐突に海の中にあるのでビビる
重なった状態でAボタンを押すと潜水艦がどの向きを向いていても
左を向くというおかしな現象も未だ究明できていない。

こんなものかな。バトンだからまわさないといけないらしんで
見てるようならユノ、真昼、有事、SOS、アキモトよろしく

【2005/07/26 18:53】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
ミスチル
シンプル。
ミスチルのあんま人気のないアルバム、
ディスカバリーの中で光を放つ名曲です。

「マイナス思考で悩みまくった結果
 この命さえも無意味だと思う日があるけど」

出だしからいい具合にネガティブです。
大好きなミスチルの中で最初このアルバムを
どうしてもあまり好きになれなかったのに
好きになれたのはこの曲があったからだと
言っても過言ではない。

「10年先も20年先もずっとそばにいてほしいんだ」

シンプルな一言だが何か好きな言葉です。
そんな相手もいない自分ですがこの曲聴いて
がんばろうかと思いました。

【2005/07/25 08:49】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
もうすぐ夏休みです。
ガキの頃は素直にうれしかったが
最近では休み前のテストや暇をもてあます
生活がきついです。
何というか駄目になるのは得てして夏休みな
気がします。
そして、先日の日記で書いたように
パグが欲しい症候群に侵されています。
昨日もHPを見て回りながら症状を悪化
させていました。

【2005/07/22 17:55】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
親父
昨日は弟と引越しの下準備として
部屋の掃除に勤しんだ。
漫画やCDをきれいに片していく。
大方部屋がきれいになったところで、
弟の部屋に開かないトランクが一つ。
ちょいとダイヤルを回すとパカっと
開いたではないか。
その後、俺ら爆笑の渦に巻き込まれた。

親父よ、仙台に行く前に自分のAVとエロ本くらい
処分しといてくれよ・・・。

程よい笑いと大きな気まずさを与えてくれた親父よ
仙台でもがんばってくれ。
【2005/07/18 13:16】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
アニソン・パラダイス
高校の友人と久しぶりにあっていた。
受験生なので深夜に近い時間に連れ出して
ジョナサンで1時間くらい飯食ったりしながら
マッタリしてその後ドライブに。
車の中では俺の選曲の懐かしのアニソンCDが流れ続けた。
タルるーと、グランゾート、三つ目がトオル、DBZ、
金魚注意報、キテレツ大百科、キン肉マン、ダイの大冒険、
ドッチ弾平、ジャングル大帝レオ(新)、スーパービックリマン、
チンプイ。何もかも皆懐かしい。
男二人で熱唱しながら1時間半ほどドライブを楽しんだ。

このマニアックかつ王道な選曲についてくる友人に乾杯。

やっぱアニソンはいいわ。
ジョナでマッタリ中に友人から届いたメール
やっぱリンミンメイはいいわ
何なんだろう俺の友人って。

【2005/07/16 01:45】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
電車男
約一年半ぶりに女の子とデートらしきものをした。まあ、新宿に映画を見に行っただけだが・・・。
今微妙に流行の電車男だ。何か中谷美紀老けたかな?結構好きだったんだが・・・。
原作読んだことあったんで何の期待もなく見てて途中一緒に来てた子が泣いてるの見てちょっとくすぐったくなってみたりした。
ここまではよかったんだ・・・。この後は読みたい人だけctrl+Aでお読みください。フィクションではありませんので覚悟のある人だけ。

その後、新宿の街へ
丸井YOUNG行ったり、ユナイテッドアローズやSHIPS見たりしながら色々話していました。
不意に彼女の口から花火の話が・・・。嫌な汗が背中を流れ落ちる感触が。
バイト先の上司の名が聞こえた。意識が遠くなった。
俺の意識が最後の抵抗を。
「あれ、○○さんって結婚してなかったっけ?」
・・・「うん」
・・・「危ない関係なの」
その後、俺の意識はどこか深い所に行ってしまいました。
ひたすら相槌をうち自分を消していく。
その後、行きつけのカフェでコーヒー飲みながらこれまでの経緯を聞かされ、今後の予定や日常での出来事を聞かされた。
そして、俺は彼女の中では相談しやすい兄貴みたいな感じらしい。
今回映画に誘われたのはそれが理由のようだ。
夢は一夜も経たずに覚めた。
電車男のように俺が勇気を出せばよかったのだろうか。
少し大人になったようなそんな梅雨の谷間の一日でした。

【2005/07/13 09:42】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
勝った
昨日はホッケーの試合でした。
毎年定期戦をしている大阪府立大学との試合で
自分たちにとっては祭のようなものでした。
過去10年負け続けていた府大戦。今年こそはと意気込んで
試合に臨み、何とか勝ちました。
自分は6月頭から急遽ポジションをコンバートされたため、
うまくプレー出来ずに苛立ったり、凹んだりの毎日でした。
しかし、その苦労も昨日の勝利で全て帳消しです。
大阪や名古屋、長野からもOBが応援に駆けつけてくれました。
応援が力になるという漫画みたいな気持ちを始めて味わいました。
本当に勝ててよかったです。
4年間ホッケーをしてきた中で最もうれしかった瞬間です。

何か終わった直後は実感がなかったんですが、一番お世話になった
OBから「よくやった」と言われたときに感極まりました。
ホッケーやってて本当によかった。

【2005/07/09 13:03】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
犬が飼いたい
もうすぐ引っ越すので親や弟と引越しの準備にホームセンター
に行ってきました。
引っ越したらペットを飼おうと前々から話していたのですが、
ホームセンターで子犬を見ていたら家族全員犬飼いたい病に
かかってしまいました。
まあ、家もそんなにでかいわけではないので小型犬予定です。
今のところ自分はパグが飼いたいです。母親はプードル、
弟は豆柴がいいそうです。
とりあえず色々ネットで調べたりもしています。
何かいい飼い方や買い方あったら教えて欲しいです。

【2005/07/08 00:08】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
引越しについて
当初9月予定だった引越しが8月半ばになりそうです。
ついに、鍵付き、窓あり、クーラーありの部屋になります。
現在の自分は4畳半の部屋に箪笥が2個、窓なし、クーラーなしの
悪夢のごとき部屋に生息しています。
大学まで1時間半という交通時間は痛いが完全なプライバシーと
夢のような環境は捨てがたいです。
何にしろ、人間らしい生活を送れるようになるということはうれしいことです。
引っ越すときに欲しいものとしては、一人用のソファーとかっこいい
柄のカーテン、そして個人のテレビですな。
今度それらの下調べに吉祥寺にでも行こうかな~。

【2005/07/06 05:45】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
風の谷のナウシカ
久しぶりに漫画の「風の谷のナウシカ」を読んでみた。
自分は大学で環境について研究をしていくつもりなので、
色々と考えさせられることが多々あった。
自分の考える映像と地理との関係。
その中で宮崎駿の世界は一つの面白さがある。
それは多くの背景が実際にある風景を使っているのだ。
たとえば、風の谷はオーストラリアの渓谷がモデルである。
日本を舞台にした「耳をすませば」は聖蹟桜ヶ丘の近辺がモデル。「平成狸合戦ポンポコ」では自分の通う大学の近辺にある多摩ニュータウンがモデルである。
詳しいことは忘れたが「紅の豚」のポルコの隠れ家も伊豆の辺りがモデルだったはず、ラピュタも確かモデルの場所があったはずだ。
で、最後にトトロは狭山らしい。劇中に狭山茶という茶が出てくるし、七国山はないが八国山は本当にあるのだ。
つまり、何がなく見ている映像や世界は実は身近なもであることもあるということだ。
ということで、案内して欲しい方はいつでもワタクシまでご一報を
【2005/07/05 04:16】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
あいのうた/イェンタウンバンド
題名の曲を知っているだろうか?
昔、映画の中で架空のバンドとして誕生してcharaが唄った曲である。
なぜまたこんな古い曲の話を出すかというと数年ぶりに原作の本を読んだからだ。
なんというか岩井俊二の本は俺の好きな音楽とマッチするのだ。
よく聴く曲にとてもよくシンクロしてくれるので音楽がかかっていることを軽く忘れそうになるという感じだ。
まあ、本読みながら音楽は邪道とか言う人もいるが俺は大好きだ。
なんてったって俺の人生のモットーは“no music no life”だからだ。

【2005/07/03 04:18】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。