無料ホームページ ブログ(blog)
足の徒然日記 風の谷のナウシカ
足の徒然日記
本サイトはHN足の日常の生活を日記にしたものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
風の谷のナウシカ
久しぶりに漫画の「風の谷のナウシカ」を読んでみた。
自分は大学で環境について研究をしていくつもりなので、
色々と考えさせられることが多々あった。
自分の考える映像と地理との関係。
その中で宮崎駿の世界は一つの面白さがある。
それは多くの背景が実際にある風景を使っているのだ。
たとえば、風の谷はオーストラリアの渓谷がモデルである。
日本を舞台にした「耳をすませば」は聖蹟桜ヶ丘の近辺がモデル。「平成狸合戦ポンポコ」では自分の通う大学の近辺にある多摩ニュータウンがモデルである。
詳しいことは忘れたが「紅の豚」のポルコの隠れ家も伊豆の辺りがモデルだったはず、ラピュタも確かモデルの場所があったはずだ。
で、最後にトトロは狭山らしい。劇中に狭山茶という茶が出てくるし、七国山はないが八国山は本当にあるのだ。
つまり、何がなく見ている映像や世界は実は身近なもであることもあるということだ。
ということで、案内して欲しい方はいつでもワタクシまでご一報を
スポンサーサイト

【2005/07/05 04:16】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

この記事に対するコメント

漏れ的に映像なら押井ワールドもそれなりにいいかもって感じ
流石に万博のあれは順番待ちでいけなさそうだけどいけるならいってみたい罠

イノセンスとか良かった罠
【2005/07/05 20:10】 URL | yj #EqkzR.Ow [ 編集]


そうさね~
まあ、日本のアニメは高水準の作品が多いから何を見てもそこそこ面白いとは思うがね。
ただ、押井ワールドの作品は併せて見ないとわからんものも多いしな
【2005/07/05 20:16】 URL | 足 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://knicks.blog15.fc2.com/tb.php/3-766533a3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。