無料ホームページ ブログ(blog)
足の徒然日記 今期のNBAを数試合見て
足の徒然日記
本サイトはHN足の日常の生活を日記にしたものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
今期のNBAを数試合見て
さて、最近毎日のようにバスケを見ている。スカパー入れたんだし当然っちゃ当然だがな。
そこで、一つ思い当たることが浮上。今期のNBAは新しいボールを採用している。合成樹皮の一個一個に差が殆どないというある意味公平を期したボールである。
しかし、このボールになって一つの問題点が浮上した。それは今まで何となくシュートを決めてた選手、言うなればシュートタッチやフォームが良くないのだが何となく入ってた選手のシュートが極端に入らなくなったのだ。
その代表例はやはりT-Macだろう。2度もNBAで得点王になった選手であるが、彼のシュートは決してうまくない。むしろ、適当だが何となくねじ込んでたと言えるだろう。
その何となくが今シーズンはない。そのためか彼の成績は急下降。平均で20点取れる選手が15点少々、フィールドゴールパーセンテージも、フリースローパーセンテージも10%近く下がっている。他にも、こういった傾向の選手が多々いる。皆、シュートが運というか何となく入ってた選手だ。中には完全にスランプでシュートタッチが落ちてる選手もいる。こういう選手に限ってボールを批判する。情けないものだ。
さて、このボールは来年も採用されるのだろうか?
公平期すことがNBAを明るい方向に導いてくれるのだろうか?
正直不安だがこれは国際試合で普段と違うボールにもアジャストできる良い手段なのではという考えもある。
どうなるかはわからないが、今年のNBAには波乱がありそうだ。
スポンサーサイト

【2006/11/06 22:28】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://knicks.blog15.fc2.com/tb.php/68-1d35140e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。